転職の相談相手として最適な転職エージェント

今よりもっと給与が欲しい、キャリアアップしたいと思っている人は、それを発言する人数よりもずっと多くいます。転職をすれば人間関係や環境がリセットされ、全てをやり直さなくてはなりません。そうした新たな環境で自分がやっていけるかどうか、強い不安を感じるものです。

そもそも転職自体が上手くできるのか、それが不安で行動に移せないという人も少なくないでしょう。逆に転職を行う事で給与がアップし、転職前よりも自分に合った環境になる可能性も十分に考えられます。そうした事例もたくさんあるのです。
転職活動を成功させるためには、事前の企業研究や自分のやりたいことをより明確にしなくてはなりません。

しかし、個人で行う企業研究には限界があり、集められる情報にも限りがあります。
その情報だけで転職先を決めてしまうと、入社後にミスマッチとなってしまうリスクが非常に高くなってしまうのです。

そんな人たちを支援するのが転職エージェントの役目です。
転職エージェントは一般人だけでは収集できない情報を集め、企業側と面談を行って内部状況や求める人材などより詳しいデータを持っています。エージェントに相談することは企業側にとっても、求職側にとってもミスマッチを防ぐ意味でも効率的です。

しかし、転職エージェントも数が多く、どこに相談すれば良いのか迷ってしまいますよね。今回は転職を使用か悩んでいる方が、転職相談するのにおすすめな転職エージェント5選をご紹介したいと思います。

誰に相談をするべきか? 

転職を考える人が相談できる相手として選べる選択肢は以下の通りです。それぞれの特徴も兼ねてご紹介します。

  • 転職エージェント(キャリアコンサルタント)

転職エージェントには転職をするためのキャリアコンサルタントがいます。彼らは転職活動支援を生業としており、専門的な知識を有している頼れる組織です。人材を求める企業側から登録料などの収益を得ており、求職者側は無料である事がほとんどです。求職者の希望や条件、前職の経験など詳細なヒアリングを行った上で最適な企業を紹介してくれます。

  • 同僚、上司

現職の同僚や上司に相談することで参考になる意見をもらえる可能性があります。反面、転職するという情報が社内に広がり、妙に居づらい雰囲気になってしまうリスクも考えておく必要があるでしょう。

  • 友人、家族

身近で一番相談しやすいのが友人や家族、恋人になります。特に会社内のような利害関係もないので、素直に相談を持ちかけることができるでしょう。ただ、普段からあまり仕事の話などをしないなら的確なアドバイスがもらえない恐れがあります。もし父親がどこかの役員などをやっていれば、参考になる意見がもらえるかもしれません。

転職相談を行っている転職エージェント

【一般的な転職エージェント】

転職エージェントは数多くありますが、その中でも代表的なものは以下の通りです。

  • <ワークポート>

ゲーム業界特化のエージェントです。一般求人こそ少ないですが方向性が決まっている人には心強い会社です。

  • <リクルートエージェント>

転職・再就職において業界最大級の企業です。トップクラスの求人数を誇りますので、方向性が決まっていない人には広い視野でみるきっかけにもなるでしょう。

  • <type>

ベンチャーのIT企業求人が多い企業です。業界をITに絞っている人は一度相談してみると良いでしょう。IT以外の一般求人もあり、違った業界への転職も考えることもできます。

  • <パソナキャリア>

人材紹介・派遣を中心に行っているパソナのグループ会社です。求人数自体は他社に比べて劣りますが、担当者の質はピカイチです。専門知識を持って的確なアドバイスを受けることができます。

  • <ヒューマンタッチ>

求人数・質ともに満足度が高い企業です。しかし第二新卒求人数が少ないので、ある程度キャリアを積んだ人向けの企業になります。

【メールや電話での相談を受付けているところ】

どのエージェントも基本的には電話やメールでの相談を受け付けています。しかし、各コンサルタントは対面者中心のスケジュールです。そのためメールなどのレスポンスが遅れることが多々あります。

【有料サービスを行っているところ】

各転職エージェントへの登録や基本利用は無料になります。しかし、大手の企業になると非公開案件の優先案内などの一部サービスは有料です。例であげるとビズリーチなどは、無料コースと有料コースを分けて提供しています。

転職の本気度で相談相手は変わる

転職エージェントは転職支援のプロです。エージェントによって業界などの得意不得意はありますが、実際は担当者にも左右されます。
そして担当者もあくまでも人であり、求職者の態度次第では真剣に向き合ってもらえません。転職をしたい方向性や、どのような条件が希望かなど明確な意思表明が大切です。現職への不満や愚痴をこぼすだけなら、プロを頼る必要はありません。

転職に向けてエージェントと真剣に向き合ってほしいなら、求職側も相応の覚悟と意思を持って相談するようにしましょう。

転職エージェント評価