転職成功に必須!自己分析を上手く行うための5つの方法

転職活動を行う上で、欠かせないのが自己分析です。ほとんどの人が転職において、自分の希望通りの企業を探そうとする傾向があります。

しかし、その希望も給与がもっと高い、希望する業界に入りたい、大企業など曖昧な理由の人も少なくありません。
確かにそうした希望も大切ですが、何よりも自分が転職をする最大の理由を明確にしなくてはなりません。現職に満足できないからこそ転職活動は行うものです。
満足できない理由を軸に転職しなくては、仮に新しい会社に入っても同じことを繰り返してしまいます。

自分の目的や希望を明確にするために行うのが自己分析です。
分析方法はネットの利用、コンサルタントに相談するなどが挙げられます。初めて自己分析を行うという人は、意外と自己分析について知らないことも珍しくありません。

自己分析とは? 

自己分析は転職する際に行い

  • 自分はどんな仕事がしたいのか
  • 自分はどんなキャリア積みたいのか
  • 自分はどんな仕事に向いているのか

などを質問紙やカウンセリングを通して分析することです。
自己分析をしっかりと行っておかなければ、面接での受け答えにもムラが出てしまいます。また軸を持たずに新しい会社に入社しても、結局また同じ不満が出てきて転職を繰り返してしまうのです。
自分が最終的にどのような仕事で活躍したいのかを明確にすれば、そのような不満が生まれることなく順調にキャリアアップできます。


自己分析を行う5つの方法

実際に自己分析を行うには、いくつかの方法があります。代表的な分析方法は以下の通りです。

  • ネット上の記事で紹介された方法を参考にする

自己分析の分析方法は時代と共に変化していきます。
ネットで自己分析の方法を調べるのが一番スタンダードです。またマイナビなど大手の転職サイトでは、転職者向けに自己分析のプロセスから方法まで具体的な方法を掲載しています。
参考:http://job.mynavi.jp/conts/2015/susume/01.html
サイト:マイナビ2015

  • 専用シートをダウンロードして使用する

ネットで調べると、自己分析をするための専用シートが無料で提供されています。
自分の性格に当てはまる項目を掛け合わせてグラフを作ったり、質問に答えて総合的に性格傾向を分析できるという内容です。内容は利用するサイトやシートによって異なります。
基本的には性格の傾向から、その人に向いているであろう業種・職種を分析します。自己分析を行う上で最も手軽な方法になります。
参考:http://ameblo.jp/shinichi-itou/entry-11323198221.html
参考:http://www.web-sana.com/site/guide/guide03_5.html

  • ネット上の性格診断テストを行う

専用シートのダウンロードと似た形式ではありますが、こちらはネットのページ内で分析が行える内容です。
50問ほどの質問に答えることで、その人の性格傾向から強みや弱み、向いている仕事を自動で分析してくれます。種類や質問内容はページによって異なりますが、基本となるベースはどれも同じものです。質問項目が多いほうが、より詳細に分析できる傾向があります。
参考:http://www.sinritest.com/bigfive01.html
参考:http://shining.main.jp/eniatest.html

  • 専用の本を購入する

就職活動や転職活動向けに、自己分析を行うための専門書が多く発売されています。主な内容は就職・転職活動に向けての指南や、自己分析のための方法です。単純な質問形式や、自分の得意分野を紙に書き出して行う分析など、ネットでは掲載されていない方法も多数紹介されています。
これから転職活動を行う人は、一冊購入しておいたほうが良いでしょう。また図書館などでも貸し出されているので、近くにある場合はそちらを利用してみてはいかがでしょうか。

  • 自己分析セミナーに参加する

転職エージェントや就職支援センターなどが定期的に行っている、自己分析セミナーに参加するのもひとつの方法です。
ネット上で行っているセミナーから、実際に会場にいくセミナーなど様々です。自己分析を行う上での注意点や考え方、その他の人との相談など情報収集も兼ねて行えます。基本的に自己分析セミナーは無料で参加できるので、会場が近くにある人はぜひ参加してみましょう。

キャリアコンサルタントと話す中でわかってくることも・・・

専用シートやセミナーへの参加、専門書の購入など自己分析の代表的な方法を紹介してきました。自己分析はあくまでも自分との向き合いで、本当に自分がしたいことを考える手段です。
転職エージェントに希望や条件などをヒアリングしてもらうと、自分の中で考えが整理されて本当にやりたいことが見えてくるケースもあります。キャリアコンサルタントとの面談は本来の自己分析ではありませんが、相談するうちに自分の中にある考えや希望を見直すチャンスです。

自己分析を行う方法でなくとも、色々な人との会話を通して自己分析を深めるきっかけになる場合もあります。理由や要因は何でも良いのです。
しっかりと自分を見つめなおし、自分が本当にしたいことを見つけましょう。

転職エージェント評価