今時の履歴書の書き方5STEPを伝授!看護師さん必見!!

転職に際して必ず提出を求められる物が履歴書。
しかし、書こうと思った今、何をどう書けばよいかわからない、何年ぶりかの履歴書に戸惑っている看護師さんも多いことでしょう。
書類選考にも使われる、自分の転職の可否を決定するとも言える履歴書です。

正しい記載方法で、採用担当者を惹きつける内容にしたいものです。
転職目前の看護師さん必見、履歴書作成の5つのステップをこなし、内定を手繰り寄せましょう。

1 履歴書の失敗例

1-1 間違えた部分を修正テープで修正

看護記録もそうですが、書類に修正テープを使用することは禁止です。
いい加減な人間と言う印象を与えかねません。
また、間違えた書類を平然の使える人と思わせます。
間違えた履歴書は、潔く書き直しましょう。

1-2 仕事に関係のない自己PRを書いている

自己PRは、特技や趣味を書くこともありますが、それを看護にどう活かせるかという内容にすることをお勧めします。
得意なことを記載し、それが看護に活かせるという内容や、自分の長所や短所に触れ、自分の性格が如何に看護師に向いているかをアピールしましょう。

1-3 志望動機が看護師を志望した理由になっていない

志望動機は、なぜここに就職しようと考えたのか、雇用側はとても興味深い内容です。
なぜ、そこで仕事するに当たり、どのような意志や思いがあるのか確認したうえで内定を出したいのが雇用者です。
自分でも、どのようなことがしたいのか、どのような看護師になりたいのかが明確でなければ記載できない部分です。

1-4 経歴を略してでたらめなことを書く

履歴書には、正しい情報を正確に書くことが大前提です。
正式名称を、誤字脱字に注意して記載しなければなりません。
資格名や、前の職場の正式名称、卒業した学校の名称など、間違いないか調べて記載する必要があります。


2 履歴書の書き方5Step伝授!

2-1 職歴

2-1-1 職歴って何を記載すればいいの?

職歴は、これまでの仕事をしたことがある経験を古い順に記載するものです。
いつからいつまで、どこで、どの部署で働いたのかを記載します。
看護以外の職業の経験がある場合、その内容も記載します。

2-2-2 ポイントと注意点

職歴記載の注意点は、記載する情報は、正しく正確に記載します。
正式名称で、用語や名称を略すことなく記載することがルールです。
これまでの経験が伝えられ、自分の経験を知って貰う絶好のアピール部分です。
採用担当者がしっかりと目を通し、自分と言う人間を知った上で、魅力を感じて貰えるよう、文字の大きさや文字の羅列にも注意し、読みやすい記載を心掛けましょう。

2-2 免許・資格・専門教育

2-2-1 免許・資格・専門教育って何を記載すればいいの?

看護に関連する資格、国家資格、自動車免許などの免許、認定試験や資格取得やキャリアアップの為の研修や講座の受講歴等を、古い順に記載します。
ここでも、正式名称で正しく記載することが大切です。

2-2-2 ポイントと注意点

取得年月日は資格証に記載してある時を確認して行います。
資格等は、日々使用するに当たり略語を交わすことが多い為、正しい内容を調べて記載します。
記載に際して、検定試験や資格試験に段階や級がある場合、その内容が記載に値するかを知っておく必要があります。
英語検定や、漢字検定、各種コーディネーター等の資格には、段階により試験何度が高くなるものがあります。
段階が低い場合は、記載する必要がない、しても意味をなさない場合があります。

2-3 志望動機

2-3-1 志望動機って何を記載すればいいの?

何故、この職場に就職したいと思ったかという点と、職場に入って何をしたいのかという展望を記載します。
また、自分のキャリアを活かしたい、キャリアを伸ばしたい時は、その内容の記載でアピールします。

2-3-2 ポイントと注意点

この職場を就職先に選んだ理由を明確にします。
どうして、ここの職場でなければいけなかったのか、選択の意図を示し、どのような点が興味を惹きつける要素になったのかを記載します。
その上で、自分のキャリアが活かせると言う内容や、経験を積むことでどのような看護師になりたいかなどの希望や期待を記載します。
入職して、自分に何が出来るのか、自分と言う人間が、雇用されることによる事業所のメリットを記載します。

2-4 自己PR

2-4-1 自己PRって何を記入すればいいの?

自分の今まで経験してきたこと、そこから得たスキルをしっかりもれなく書きます。
事前に転職先の求めていることをしっかりリサーチした後、そこに対してよりダイレクトな自分のスキル提示ができれば尚良いです。

2-4-2 ポイントと注意点

自分の長所や短所を記載し、自身の性格や特徴、これまでの取り組みについてアピールします。
「このような性格だから、何か達成することが出来た」「こうすることで、このような困難を乗り越えることが出来た」等の内容が好印象を得られるでしょう。
しかし、看護に関連しない内容を記載すれば、何が言いたいのか分からず、かえって自己PRが足を引っ張ることとなります。
特技や趣味の記載も良いですが、それが看護にどう活かされるかが大切となります。

2-5 長所・短所

2-5-1 長所・短所って何を記載すればいいの?

自分の性格について、良いところと悪いところを記載します。
何かをするにおいて、自分にプラスになる面と、マイナスになってしまう面を記載し、その欠点をどう克服しているかを記載します。

2-5-2 ポイントと注意点

まず、長所について、自分の特徴や性格、思考を記載します。
その上で、長所が短所になる場合もあるという内容でまとめます。
例えば、「物事に熱中し打ち込む素質がある」という長所に対し、「熱中しすぎて、その事ばかりに集中してしまう、他が目に入りにくくなる」と言う、反する内容などがあります。
その長所と短所に対し、その短所を目立たないものにするような工夫、注意していることを記載します。


3  さあ、これで履歴書の記入が完了して準備は万全。

いよいよ完璧に記入した履歴書を転職先に送る新たな勤務先を決めます!
あなたが勤めたい勤務先を決めましょう。


今なら転職祝い金35万円、おすすめエージェント

★転職支援金が最大35万円が貰える
全国対応、高額案件も
業界最多の求人数、3万件以上

  • ランキング