看護師さんの転職の面接の心得、服装、退職理由は?

転職にあたり必ず必要になる、内定獲得には必然な就職試験の内容が面接試験です。
しかし、初めて就職して転職するまでに、もうどのように面接対策を学び、どのように対応したのかなど忘れたという場合が多いと思います。
また、覚えていても緊張によりその力を発揮できないと言う悲しい結果になることもあります。
では、一から学び、自信を持って面接試験に臨みましょう。
そして、晴れて内定締結、就職決定を勝ち取りましょう。

1 面接に行く時の服装、身だしなみ5つのポイント

1-1 フォーマルな服装を選んでいきましょう。

面接に行く時に大切なことは、看護師と言う職柄、清潔感が大切です。
スーツやリクルートスーツ、清楚な感じのジャケットとスカートなどで、さわやかに、好印象を与えられる服装が好まれます。
面接試験は、第一印象が大切と言われています。
クリーニングでしわの無いジャケットにスカートやブラウスの着用し、ブラウスの色も華美で無いものがお勧めです。

1-2 すっぴんはNG、厚化粧もNGあくまでナチュラルメイクで臨みましょう。

看護師の仕事をする時に、厚化粧をし、化粧臭がプンプンして仕事をすることはないでしょう。
しかし、面接でそのような付けまつ毛をつけて、アイシャドーをカラフルにして、カラーコンタクトを入れてなどの厚化粧で臨んだ場合、そんな恰好で仕事をするような人と印象を与えてしまいます。
また、すっぴんでは、顔色や表情が悪く、仕事が本当に努めるか心配される場合があります。
ファンデーションや、眉毛を整える、軽くチークを塗って、顔色良く健康的なメイクで面接に臨むことをお勧めします。

1-3 清潔感を出すためには爪を切っていきましょう。

看護師を仕事とする上で、患者さんを傷つけたり、処置を円滑にするためには長い爪は不必要です。
また、長い爪の間には病原菌や汚れが溜まり不潔です。
そのような細かい部分にも面接官は、目を配らせます。
清潔感をアピールするには、爪の清潔保持、爪切りという作業も怠ってはいけません。

1-4 ミュールやサンダルは避けてパンプスをはきましょう。

どのような格好で面接に臨むにしても、しっかりと地に足をつけて堂々と歩くには、安定感のある履物と言うことも大切です。
ミュールやサンダルは、ヒールが高く、カツカツと音がしたり、支柱がずれてよろめいたりする危険性があります。
やはり、面接にふさわしい履物は、黒の革のようなパンプスが無難です。

1-5 長い髪の人は一つに束ねましょう。

仕事のときには、髪の毛はおろしていますか?
髪の毛がぶらぶらする状態は、それが気になって看護ケアや患者さんの会話などに集中することができません。
仕事中、きちんと束ねていても、面接の際に髪の毛を揺らして参加しているような人は、きっと仕事もルーズと言う印象を与えかねません。
清潔感を現す、好印象をアピールするためにも、髪の毛は束ねて整えることも必要です。


2 面接に行く時は前もった準備が大切!!

面接に臨むにあたり、準備は万全ですか?
書類の準備、身支度の準備、心の準備、試験への対応の準備、全てが揃って万全と言えます。
履歴書に誤字脱字はありませんか?
書き残しはありませんか?
衣類のクリーニング、アイロンは出来ていますか?
靴に汚れはありませんか?
面接にあたり、気持ちは落ち着いて臨む準備はできていますか?
面接を目前にしてパニックになっていませんか?
大丈夫!今日に向けて用意は整えたと自分に言い聞かせてみましょう。
浮ついた心に平静が訪れるでしょう。 試験へ持っていくものや、持ってくるようにと言われた物は揃えましたか?
直前にバタバタすることだけは避けたいものです。
気持ちを落ち着けて、十分に自分の思いを伝えられるよう、前もって準備を進めていきましょう。


3 面接でよく聞かれる質問

3-1 前の職場で何を得て、次の職場でどう生かせるか?

雇用側は、その人がこの事業所でどのような力を発揮できる人材得あるかに興味を持っています。
雇用したのに、あまり力にならず看護師としての能力を発揮できないような人は、内定する前にお断りしたい人材だからです。

3-2 自分にとっての看護観とは何か?

看護をする上で、自分が大切にしていることや、看護師対する考えを聞かれることは必須です。
どのような人間で、どのような考えがあるかを知り、病院や事業所に理念に合い活躍できるかを確認しています。

3-3 前の職場の退職理由は何か?

どうして退職することとなったのかは、凄く知りたい内容です。
その内容によっては、雇用の不安要素になったり、雇用したい期待の思いになったりと回答に内定が左右されます。
前の職場の悪い評判を返答すると、雇用した時に雇用した事業所の悪評を言われるかもしれないと嫌煙されることもあります。

3-4 実際に勤務できる場合の可能出勤日はいつか?

今日、明日と言うことにはならないでしょう。
失業保険の関係や、前の職場との関係もあり、すぐには無理と言う場合があります。
ですが、内定をもらえば出来るだけ早く、入職日を決め働き始めることをお勧めします。
また、在職中の場合は、その旨を伝え、退職日と入職可能日を誠実に伝える必要があります。


4 勤務先に対する質問の用意

勤務先を知り、自分がどのような職場で勤めようとしているかを知っていなければ質問は沸きません。
頓珍漢な事を言っては、内定されることはないでしょう。
勤務先に十分興味を持ち、情報を知ったうえで質問を用意します。
例えば、どのようなキャリアアップの支援が受けられるか、教育はどのように行われるのか、夜勤開始等は通常どのように進められるかなど、実際勤務するに当たり自分に関係ある内容があります。
他に、病院理念や方針に触れ、具体的内容を確認することも良いでしょう。
また、返答に対して、必ず「ありがとうございました」とお礼の気持ちを伝えることも重要です。


今なら転職祝い金35万円、おすすめエージェント

★転職支援金が最大35万円が貰える
全国対応、高額案件も
業界最多の求人数、3万件以上

  • ランキング