辞めたい看護師さんの転職、お悩みランキング

1 皆さんのお悩みをまとめてみました

看護師をしていて転職を余儀なくされる場合、せっかく資格を取ったのに辞めてしまうのは勿体ないです。
人間関係で悩んだ、勤務条件が過酷すぎた、結婚や出産で生活環境が変わった、やりたい仕事が見つかったなど様々な退職理由があります。
そこで、転職先を探すときにも悩みを抱えると思います。
そんな実際にあるお悩みをまとめてみました。悩みを解消して安心した就職内定を勝ち取りましょう。


2 自分の時間を持てないという悩み

2-1 過酷な勤務労働の実態

看護師の仕事は、夜勤があり、残業に追われるというイメージがあります。
その実態は、二交代制であれば夜勤の拘束時間が長く、夜勤後の休日も長時間勤務で疲労は蓄積し、疲れを翌日、翌々日まで引きずる、疲労を癒すための休息でプライベートを過ごす場合があります。
日々の業務や、残業、委員会活動や研修により、私的な時間を削って仕事に自由時間を捧げ、自分の自由な時間が持てない場合があります。

2-2 看護師にはなかなか休みがなく、有給が取りにくい。

看護師の給与は、低いものではありません。
しかし、休日が少なく、時間外勤務や夜勤があります。
国立病院系や大学病院、公的病院の待遇は改善されているようですが、民間の総合病院やクリニックなど人材確保が難しい、職員数が少ない場合は休暇が取りにくいです。
看護師の有給消化率は、50%に満たないデータがあります。
年間の有給の余りは、翌年に繰り越すことが出来ますが、それを未消化のまま無効にすることもあります。


3 結婚願望があるが仕事もしたい

3-1 結婚後は家事と仕事を両立。

結婚により生活環境やライフスタイルが変化し、残業、夜勤、休日出勤など、これまで行っていた仕事と私生活が両立できるかという不安がある場合があります。
また、結婚により家庭生活を重視したいと言う気持ちから、パートや日勤のみなどの勤務形態に変更をしたいこともあります。

3-2出産後の育児と仕事の両立。

出産により、育児が必要になった時、仕事をしている間の育児はどうするかと言うのが、子育てしながら仕事を行う看護師の課題とも言えます。
院内保育所や子育て支援がある職場であれば、安心して仕事が出来ますし、子育てをしながら仕事をしたという先輩が多く居れば、育児と仕事の両立への不安は一気に解消されます。


4 解決法

4-1 働きやすい病院も日々出てきています

看護師の転職に際し、プライベートを充実されながら、やりがいある仕事を継続することが出来るか、結婚や出産によるライフスタイルの変容による支援や対策がなされ、働きやすい環境整備が出来ているかという点があります。
最近では、「ワーク・ライフ・バランス」と言い、私生活の充実により仕事のモチベーションを高める、質の高い看護を提供するという目標を掲げる病院が増えています。
院内保育所、育児休暇制度の充実、育児時間や育児短縮労働の導入、結婚や出産育児による夜勤免除・日勤常勤への変更を行い人材確保する職場も増加しています。


5 人間関係での悩み(患者との)

5-1 異性に対する苦手意識

特に多いのが、若い看護師の同年代の患者さんに対する苦手意識です。
同年代の患者さんに排泄や清潔保持の支援を行う際に、自分の目線のやり場や、患者側の目線や言動が気になると言うことがあります。
他、中年から高齢の患者さんの性的感情への対応、セクハラ、無闇なボディタッチなどもあります。


6 人間関係での悩み(職場での)

6-1 職場での人間関係の悪さ

病院と言う職場は、多くの専門職が力を合わせて仕事を行っています。
医師と看護師、看護師同士、看護師と他職種間の専門職同士の対立や同僚や先輩などの看護師間でのいじめによる対人関係トラブルがあります。

6-2 社会問題でもあるパワハラ

パワハラとは、上司や目上の人の部下に対する嫌がらせや抑圧を言い、師長、先輩による無視、暴言、時にカルテを机に投げつける、自分へ投げつけられる等の精神的、身体的抑圧があります。
他にも、医師が看護師に対する能力や経験に対する罵倒や過度の叱責等があります。


7 解決法

7-1 転職も一つの選択肢

人間関係やパワハラに悩んだ時、立ち向かうことも出来ますが、その労力を転職により新たな環境に変えることが出来ます。
人間関係のトラブルのある環境は、良い環境に変えることは困難と言えるでしょう。
看護師と言う仕事は求人が溢れ、引く手数多な職業と言うメリットもあり、自分に合った職場を転職にて実現する事も出来ます。


8 収入での悩み

8-1 看護師は一般的に収入が少ない

看護師の仕事は、最初の基本給は他の職業より多いと言われていますが、実は定期昇給やベースアップが少なく、経験年数を経ると他の職業と逆転し低収入、仕事の量や大変さの割には給与が割に合わないと言う場合があります。


9 解決法

看護師としての経験を積み、自分の給与が自分の技量に適していないと感じた時は、あなたと言う人材の能力をもっと評価してもらえる職場を見つけることをお勧めします。
満足いく給与であれば、もっと仕事を頑張れるし、レベルアップの為、職場での能力発揮の為の努力を惜しまずできます。


今なら転職祝い金35万円、おすすめエージェント

★転職支援金が最大35万円が貰える
全国対応、高額案件も
業界最多の求人数、3万件以上