看護師が転職を決意した理由5つを伝授します!

1 はじめに

看護師と言う職業は、求人数が多く転職に際して、求職情報が無いなどと悩むことは少ない職業です。
結婚、出産、子育てなどのどうしようもない理由での転職理由もあれば、キャリアアップや給与アップなど自分の現在の労働状況をより良いものと出来る環境改善の為の転職があります。

この他にも、労働環境や条件への不服からの転職、人間関係やいじめによる精神的苦痛による転職など辛い環境からの脱却を理由に転職する場合があります。
では、看護師の転職理由の本音を聞いてみましょう。


2 結婚、出産、育児によりライフスタイルの変化



女性が多い職業の看護師は、ライスステージの変容によりライフスタイルを変えざるを得ない状況が多々あります。
結婚をすれば転居を余儀なくされたり、旦那さんの仕事や家庭での話し合いで仕事を継続しない方向性になったり、パート程度で家庭重視に生活がしたい場合があります。
出産や子育てでは、子どもを育み育てる為に仕事を中断したり、制限したい場合もあります。

また、出産や子育てにあまり協力的でない職場においては、出産は出来ても、子育て支援がなく仕事を継続しにくい労働条件の職場もあります。
夜勤が出来ない場合や、雇用形態をパートに変更したい場合に対応して貰いない場合にも退職を考えることがあります。


3 給与アップしたい



経験を積み、自分に自信がついてくると、自分に支払われている報酬が本当に適当であるかを考えるようになります。
新たに資格取得したのに、資格給などで反映されることがない場合、昇給やベースアップが少なかったり、無かったりして、今の所得に満足がいっていないことがあります。
また、看護師の知り合いや友人などと自分の収入を比較し、転職を考える場合もあるようです。
この他にも、遊びや日常生活を充実させるために、欲しいものがある為など、私事情で収入を増やしたいと、給与や所得を増加を見込んで転職を考えることがあります。


4 人間関係が良い職場に移りたい



看護師の対人関係で多いトラブルは、看護師同士のいじめや派閥などによるグループ化があります。
いじめにより、仕事内容を知ることや、一日の流れやすべきことを知らされない等「報告」「連絡」「相談」がままならなくなる、教育や業務上の手助けを受けられない等、業務に支障を来たすことがあり、これが患者さんに悪影響を与える場合があります。
また、プリセプターや教育担当者との性格の不一致や教え方の不満により仕事が嫌になる場合があります。

新人看護師や、中堅看護師のうつ病や心身症が増えている現場の状況もあります。
看護師以外にも、多くの専門職が共に働く職場である為に、意見の違いや対立が発生する場合があり、やりがいやモチベーションの低下を来たし転職を考えるケースもあります。
転職して、職場を一新し、心機一転看護師としても再スタートをしたいと再就職に期待して転職する看護師の方が多いのも事実です。


5 勤務形態・勤務時間が合わない



特に多いのが、結婚や妊娠、出産によるライフスタイルの変化や、親の介護や看護が必要になり勤務時間や勤務形態に変容が必要になる場合、転職を余儀なくされる場合があります。
最近では、日勤常勤やパート看護師に雇用形態の変更に対応する職場もあるようですが、まだまだ浸透していないようです。
また、キャリアアップの為の資格取得に学校や講義に通わなければならない場合、体力的に二交代や三交代と言う夜勤勤務に適応しにくくなった場合にも転職を考えることがあります。
自分の健康や生活状況は、いつも同じとは限りません。
その変化に対応出来る職場環境を求めて転職活動を行います。


6 スキルアップしたい



看護師は、生涯学習が必要な職業です。
キャリアアップを謳う職場が増えた中、まだまだキャリアアップは勧めても支援が少ない、無い職場もあります。せっかくキャリアを伸ばしたいのに、その支援を受けられない状況であれば、支援をしてもらえたり応援がある環境で働きたいと考えるのは当然かもしれません。
資格取得や、キャリアアップに関して、自分のことだから自分の休日を使いなさいと言う古い考えの職場や能力開発について無頓着な職場、そこまで高い技量を求めない職場環境もあります。
今では、修学資金の奨学金助成、講義や学習の為の休暇・休業支援、学会参加等の旅費や参加費支給など、支援が進む職場ではあらゆる支援が受けられます。
そのような、自己実現できそうな職場に転職を考える看護師の方も増えています。


7 まとめ

看護師の転職は、自分の生活を安定させるため、自分の肉体的・精神的健康維持、自分の看護力を高めるためなどの転職理由多いようです。
何においても、自己を尊重し、自己実現出来る職場を探し転職する看護師が多いようです。
一生働き続けなければならないのが人間ですが、ライフステージやライスサイクル、自分の夢や目標の為に働きやすい環境を整えて、やりがいある看護をしたい人々が多いようです。


今なら転職祝い金35万円、おすすめエージェント

★転職支援金が最大35万円が貰える
全国対応、高額案件も
業界最多の求人数、3万件以上