実は知らない?薬剤師転職エージェントとは?

はじめに

これをご覧になる方は、転職目的でご覧いただいているのだと思います。
初めて転職するときは、誰しも戸惑うものです。
何をどうしたらいいかわからなくて、PCで検索してみるという方も多いと思われます。
今回は、従来の仕事の探し方のほかに、転職エージェントという職種があるというご紹介をしたいと思います。

薬剤師が転職する方法

ハローワーク

公的機関で、雇用保険に加入している場合、失業認定と給付を受けることができます。
ハローワークで失業登録して様々な就職へのセミナーや求人検索、就職相談を行うことが可能です。

職場からの紹介

結婚や伴侶の転勤などのために退職して転職する場合、
またはパートで働いていて正社員を目指していた場合などに、系列、あるいは縁故のある場所で正社員を募集しているのでという内内の求人が発生する可能性があります。
断りにくい雰囲気があると思いますが、外に出ない求人も多いのが特徴です。

個人的な紹介

親族や親族の知人、友人のつてなど、ごく個人的な紹介で発生する求人です。
この場合は、求人を出していても応募が来ないというもののほかに、外に出ない求人もある場合があります。

転職エージェントって何?

転職を探す人を対象に、就職先を斡旋する業者になります。
専任の担当が付くことによってきめ細やかなフォローを行いながら、就職するまで面倒を見てくれます。
転職をしたい人は、そのエージェントへ連絡登録して希望条件等の設定をします。
それを元に、エージェントは就職先を探してきて提示し、その中からいくつかピックアップして実際に就職試験(たいていが面接)をうけ、内定をもらったうちの一つを選ぶようになります。
転職エージェントが入ると、通常転職する場合は数社を受けないことが多いですが、数社を受けることも可能になります。
条件交渉から面接の日程組み、内定後のお断りの連絡もエージェントを介して行うので、
もし仕事を辞める前の人であっても、仕事に行きながら次の就職先を探しやすいということになります。

何で無料でできるの?

紹介して就職が決まると、就職先の企業側からエージェントへ紹介料がはいります。
利用者は良い就職先を探したいと思っていますが、企業としても良い人材が欲しいと考えています。
良い人材を見つけて紹介できれば、エージェントも企業も両方が得をする構造になっているというわけです。
そのため、エージェント側も利用者へ丁寧親切に就職先を探してくるというわけなのです。

薬剤師にはこんな転職エージェントがあります。

薬剤師が転職エージェントを利用する場合、エージェントが多数あります。
まずは、一般の転職なども斡旋している会社の薬剤師専門部門、
こういうエージェントは転職のノウハウが蓄積されており、書類や面接対策なども行っている場合もあります。
つぎに、自社が薬局も経営している薬剤師専門の転職・派遣サイト、薬剤師の求人に関してはとても強いと思われ、保険薬局を探している場合大変強いと思われます。
最後に医療系の職種の転職を主にするエージェントです。
この場合の薬剤師の求人は、薬局だけでなく病院や診療所の求人数がほかのタイプに比べると強く、
病院への転職を希望される場合は医師や看護師の転職も扱うようなエージェントを選ぶとよいでしょう。

まとめ

転職をすると決まったとき、何をしたらいいのか全く分からずハローワークへ通う日々だったのを思い出します。
転職サイトというものを知ってはいましたが、エージェントの選び方もわからず戸惑ったものです。
そんな戸惑いで大切な時間を失ってほしくありません。
ぜひ良い転職先を短期間で見つけてほしいので、こちらを参考にしてもらえればと思います。

  • バナータイトル