[職種別・経験有無]転職時の志望動機の例文と正しい書き方

志望動機は、履歴書や職務経歴書の中の欄で、採用する会社が注目をしてみる項目ですので、採用をして頂く立場の応募者にとって、非常に重要な記入欄になります。

何故応募したのか、会社のどの点に興味を抱き、何故この会社で働きたいのかなどの要点が記述されていなければなりません。色々なパターンや正しい書き方、業種別・職種別の例文や経験の有無による転職等で、志望動機の内容について説明していきます。志望動機の書き方や例文をマスターすれば、転職が成功する可能性は大きくなります。

また、転職を確実に成功させるために、志望動機のチェックの他に、履歴書・職務経歴書全体の正しい書き方をアドバイスしてくれることや、面接時のノウハウ、業界の事情などにも精通している、プロの相談者に相談することをお薦めします。

低評価につながる志望動機の典型的なパターン

不採用になるパターンに共通するのは、具体性の無い抽象的な志望動機の書き方です。

「貴社の企業理念が素晴らしい」「会社の将来性に強い魅力を感じた」「事業内容に非常に強い興味を覚えた」「今までの経験が活かせると感じた」「入社して学び成長したい」等は、どの動機も表現が抽象的で具体性に欠け、応募する企業の研究をしっかりしたのか、本当は何をやりたいのかが伝わってきません。

ありきたりの一般的な志望動機ではなく、企業が理解できる具体的な志望動機が必要です。企業理念の他に、事業や仕事の詳細に言及しないと真意や熱意が伝わりません。

会社の将来性ではなく、応募者が将来どのような貢献をしてくれるのかも伝えます。事業内容に興味を持つだけでなく、どの分野で何が出来るかを伝えないとNGです。今までの経験を、具体的にどう生かすのかを示さないと、説得力がありません。

入社してから学ぶのでは、転職で即戦力を求める企業にとってマイナスです。その他、前の企業の悪口を書いたり、退職に至ったトラブルを書いたりするのも、入社後にまた問題を起こすのではないかと思われますので、書かない方が良いことです。

志望動機の基本的な構成と正しい書き方

志望動機の構成は、今までの自分の経験により職務の遂行が出来る強みのアピールと、志望している企業には自分の実力が発揮でき貢献出来る条件があるので、是非入社したいという、応募者の入社の熱意をアピールすることを盛り込むが必要不可欠です。

即ち、応募者が持っているキャリアによる業務の遂行能力・経験を紹介して、どれだけ応募者が応募企業の内容を把握して貢献する熱意を持っているかの売り込みの2点が問われ、しかも多くの応募者の中で目立つような、内容の独自性が必要となるのです。

志望動機は、応募企業の将来性ではなく、応募者の将来性を売り込むことであり、自分の能力や可能性が応募企業で実現出来ることを、熱く語れるかどうかが大切です。

参考例文

【職種別】

  • 営業

今までの営業経験を活かし、顧客のニーズ動向を的確に掴み、既存の顧客の掘り起しだけでなく、新規の顧客獲得にも積極的に挑戦して、御社の売上や利益の向上に貢献したいと考えまして、応募しました。

  • エンジニア

今まで経験しました仕事の経験を通して、システムエンジニアの基本を身につけておりますので、御社で技術的に仕事の範囲を広げ、より専門的な業務の知識・技術を深めて、技術者としてキャリアアップを目指したいと考えます。

  • 経理

学生の時から数学が好きで、経理の仕事を目指してパソコンや簿記を学び、資格も取得してスキルをアップしてきました。今後、経理の仕事を任されることに責任と喜びを感じながら、丁寧な仕事で期待に応えたいと思い志望致しました。

  • 事務

これまでの総務事務で経験しました計画的の立案と実行や、気配りなどの大切さを活かし、御社の業務内容や改善点などに問題意識を持ち、積極的な心構えで業務に取り組んでいきたいと考え、志望致しました。

  • 設計

これまでに設計士になることを目標に施工管理に携わってきました。今回、生活環境創造の仕事を手がけておられる御社に興味を抱き、これまで培ってきました経験を活かしたいと、志望致しました。

  • 製造

前職で取り組んできました品質管理や生産管理の業務の経験を活かしまして、更に業務の知識・技能を高め、お客様の信頼に応える事により、御社に貢献したいと思い志望致しました。

【経験の有無】

  • 同業種、同業種への転職

同業種、同職種からの転職で応募企業が疑問を持つのは、退職の理由と、何故同業種・同職種の応募企業を希望するのか、応募企業で何をやりたいと思っているのか、などです。誤解されない為に、細心の注意で志望動機を作る必要があります。

最初に、前職の不満をそのまま言いたい気持ちは分かりますが、それは非常に危険なことです。前の会社批判にならないよう注意して、建設的志望動機にします。前職が同業種・同職種であれば、業務内容には詳しいわけですから、具体的な業務の改善点を伝えて、自分のキャリアアップと会社の発展を訴えるのも良いでしょう。

  • 未経験職への転職

未経験の業界や職種に応募する場合は、前職で培った経験などを、応募企業で活かすように努力することをアピールします。経験を活用しての業務を通じた自己実現や会社への貢献を、熱意や覚悟、やる気の姿勢などとともに具体的に示し、積極的に売り込みます。

未経験だが、学生の頃から得意だったことや、前の会社で経験はしなかったが、他の人の仕事ぶりを見ていて、自分ならもっと業績をあげられそうだということを、具体的な業務内容から説明することも効果的です。

転職エージェントに志望動機の添削をしてもらう

志望動機のことについて、色々記述してきましたが、いくら正しいものや素晴らしい志望動機を書いても、自分だけで書いた志望動機には限界があります。また、文章や文字の訂正も、いくら慎重に自分でしても、自分では気が付かないことが多いものです。

非常に多くの応募者の志望動機を見て、その後の書類審査や入社面接の合否、入社後の入社者の動向までを知る、人材紹介会社のプロのコンサルタントなどに志望動機について添削して頂くことをお薦めします。人材会社の転職エージェントに相談すれば、志望動機の他に、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の心得等、色々貴重なアドバイスが頂けます。

転職エージェント評価