看護師転職エージェントとは?

1 初めて某サイトをご覧の方へ

看護師転職エージェントは”転職を考えている方”、”現勤務先に不満がある方”、”更なるスキルアップを目指したい方”など色々な要望にお応えするサービスです。
某サイトを使用すると何が違うのか。
どんなメリットがあるのか。
気になる方はこのページをご覧ください。

2 転職エージェントって何?

転職エージェントとは、有料職業紹介所とも言い、転職を斡旋することを仕事とする事業所です。
看護師における看護師転職エージェントは、転職希望者に対してより好条件での条件交渉、転職進行、内定と条件締結を代行する会社です。
求職を希望する事業所に対し、有料にて転職希望者を紹介し、転職が決定すれば報酬を受け取り、事業を成立させています。
よって、利用側の求職者側の負担はありません。
コンサルタントと言う専属の担当者が就職の相談を請け負い、転職希望者のこれまでの経歴や転職に対する思いや希望を確認、思いに即した事業所を検索し、情報提供します。
情報をもとに、転職希望者は自分に合った転職先を選択しますが、不安や疑問があれば、代行して転職希望先に、コンサルタントが匿名にて情報の確認を行います。
その返答に対して再度、転職について検討し、もし自分に合っていると感じた場合、コンサルタントにより就職試験の日程や条件交渉を行います。

3 転職する方法

3-1 直接病院に応募する方法もしくは求人サイトを媒介して応募する方法

直接病院に応募する場合は、求人広告や新聞の求人欄、友人や知人に情報提供してもらい転職活動をする方法があります。 この場合、条件の確認や仕事内容などの詳細を十分に確認することが出来ず、面接時に詳細説明を行いますと言うことがあります。その場合、「では、いつから来れますか」と言う状況になることがあり、条件を十分に把握する前に断り切れず、なんとなく就職することになったということになることがあります。
納得の条件のもと転職に至らないことがあります。
求職サイトの利用では、ハローワークや看護協会のe-バンクのサイト利用が出来ます。
労働条件の確認を行い、情報を得ながらの求職活動は可能ですが、ここのサイトの本質は、人の就職を斡旋することで、条件等の故障はありません。あくまで、求職情報に則り就職を目指すということである為、記載内容に納得しなければ転職と言うことにはなりません。

3-2 転職エージェントを使用して応募する方法

転職エージェントの利用では、インターネットで検索することで多くのエージェントが検索されます。
その中から自分の求める求職先がある、自分の住んでいる地域に強い求人を誇るサイトを選択する、実績やコンサルタントの経験などが充実しているサイトに登録するなど多くの選択肢があります。
サイトに登録すると、コンサルタントと言う専属担当者から連絡が来ます。

転職時期希望の確認、これまでの経歴の確認、今回の転職に対する希望の確認やこれから行いたい看護や病院規模などの確認がなされ、その情報をもとに転職先を検索してもらえます。
検索結果をメールや電話で知らせてもらえ、気になる職場に対して細かく情報を教えて貰います。
疑問や質問は、先方の病院や事業所を訪問し、名前を伏せて質問内容の確認を行ってもらえます。
人間関係や職場の雰囲気を気にしている方に対しては、そのような訪問の際に譲許を客観的に観察し情報提供してもらえ、給与交渉や勤務条件の交渉も行ってもらえます。

また、希望者には病院見学などの打診や日程調整を行ってもらえます。
転職先を決定し、就職試験に臨む際の日程調整や就職活動指導、履歴書記載の助言を受けられます。
そうして内定した場合は、交渉により決定した条件が守られるよう労働条件確約書を作成し、双方の捺印を得ます。
就職後も、就職先に適合できているかなどフォローを受けられます。

4 転職エージェントのメリット

4-1 専門コンサルティングが転職支援・サポート

転職エージェントに登録すると、専属担当者が決定します。
ここがポイントです。
専属である為、毎回同じような質問をされ、説明から始まると言うことがありません。 ハローワークなどに行くと、毎回担当者が違う為、探している求職内容を一から説明しそれに時間がかかる印象があります。
しかし、毎回同じ担当者であるので、自分の希望はよくわかってもらえています。

前回の続きから、転職先探しを再開と言うことになり無駄な時間を省けますし、また話さなければならないと言うストレスもありません。 やりとりをする中で、少しずつ自分を分かってもらえ、臨機応変に対応、信頼関係を築き、好条件の転職に向けて共に転職活動を行うという印象となります。
自分を分かってもらえている為、転職希望先の採用担当者にも、転職希望者の特徴や希望を的確に伝えてもらえることもメリットです。

4-2 幅広い求人紹介

転職エージェントの抱え持つ求人数は、膨大とも言えます。
求人紹介については、病院であれば、救命救急部門、急性期、回復期、慢性期、終末期など治療の各期に対して相談に応じてもらえます。 大病院、大学病院、総合病院、公立病院、民間病院、診療所、クリニックなど病院規模の希望にも対応できます。 生殖医療療、新生児期から乳幼児期、小児期、思春期、成人期、老年期などのあらゆる発達段階への希望に応じられます。 勤務条件に関しては、日勤のみ希望や夜勤専従、日勤常勤、通常の夜勤のある常勤、パートやアルバイトの求人斡旋も得られます。

5 なぜ無料での求人紹介が可能なのか?

転職エージェントでは、利用者である転職希望者からは一切利用料を聴取しません。 そこで、胡散臭いと嫌煙したり、疑いを持つ方がいます。
しかし、そこはご安心ください!
転職希望者の転職交渉の際に、毎月の月収であったり、賞与、年収が決定されます。
転職希望者の内定や就職決定に基づき、その額に応じて、その何割か(10~20%が相場)を雇用側の事業所が転職エージェントに支払うことになります。 年収500万円に条件決定すれば、50万円~100万円が転職エージェントの報酬となります。 その報酬で運営されています。
また、転職エージェントの求人情報に記載している事業所から、記載料が支払われています。
よって、好給与で内定締結すれば、エージェント自身の報酬も高くなるというわけですから、必然的に給与交渉は頑張ってもらえるということなのです。

6 最後に

転職エージェントの一例として、「ナース人材バンク」「看護のお仕事」「ナースではたらこ」「マイナビ看護師」などがあります。
その他、複数のエージェントがありますが、厚生労働省認定や就職祝い金の支払われるエージェントなどそれぞれに特色があります。 一度、検索してみませんか?
自己実現、より好待遇の職場を求めて、転職エージェントの門を叩いてみましょう。



案件数日本最大級の会社はココ!

★転職支援金が最大35万円が貰える
全国対応、高額案件も
業界最多の求人数、3万件以上

  • ランキング