クリニックで新たな看護師生活!

1 はじめに

 ふと気が付くとあちらこちら目にすることの多いクリニックのサイン。
「職場」として意識したことはありませんか。クリニックは規模も種類も様々であり、その地域と密接に関わっていてそれぞれ特色や個性があります。
また、小さな乳児からご高齢の方までそれぞれの疾患に応じて幅広く患者さんとして迎えています。
地域医療の重要性が説かれる今、クリニックは地域のかかりつけとして大きな期待を担っているのです。

2 こんな人にピッタリ!クリニックで働く看護師さん!

  • 「ライフスタイルに合わせた働き方をしたい方」

  • 結婚、子育て中の方や、家庭の事情で日勤のみ希望、など、ライフスタイルに合わせて勤務形態を色々と選ぶことができます。

  • 「プライベートを優先したい方」

  • 趣味や習い事をしている方や、資格取得のために通学している方には、午後のみや週1日からなど、プライベートを優先させた勤務形態にすることができます。

  • 「専門性を高めたい方」

  • 特定の診療科に興味がある方、1つの診療科に特化することで看護師としての専門性やキャリアアップにつながります。

  • 「地域に根差した看護をしたい方」

  • クリニックは、そこを訪れる患者さんがその地域の方であることが多いため、地域に根差した看護をすることができます。

  • 「アットホームな職場で働きたい方」

  • 病院とは違い大きな組織ではないので、人間関係もシンプルでアットホームな職場が多いです。

3  そもそもクリニックで働く看護師って何するの?

3-1 業務内容

クリニックは病院と違って一緒に働く看護師の数も違うため、チームで患者さんのケアをしたり看護計画を立てたりするということはまず無いと考えていた方が良いでしょう。
医師の診療介助や心電図等の検査介助や誘導、採血や点滴など処置の担当、など、イメージとしては機能別看護と言ったところでしょうか。
さらに診療科によって特色があり、例えば整形外科では腰痛コルセット装着の指導や包帯固定介助などがあったり、透析クリニックだと透析回路の準備などが必要になったりします。
看護師の人数も少ないため新人教育を手厚くできないというクリニックも少なからずありますので、採血や点滴のスキルが備わっていると即戦力として歓迎されます。

3-2 平均給与

クリニックは日勤のみで夜勤がないところが多いので、病院で働いていたときには支給されていた「夜勤手当」が無くなり、病院時代と比べると結果的に給料が下がったという話はよく聞きます。
ただし、日勤のみのクリニックでも「残業代」「早番手当」「遅番手当」や経験年数に応じた「職能手当」が支給される場合もあります。
地域差や年齢や資格の種類にもよりますが賞与込年収で300万円前後と言う調査結果もあります。
賞与の支給基準や手当の種類等はそれぞれのクリニックによると考えていた方が良いでしょう。

3-3 平均業務時間

 クリニックの平均業務時間は、基本的にクリニックの開業時間プラス準備と片付け時間と考えておいた方が良いでしょう。
準備を診察開始前どれくらいから始めるか、片づけにどの程度かかるのかはクリニックによって大きな違いが出てくるところです。
午前中の診療、お昼休み、午後の診療と言うスタイルが一般的ですが、来院患者数が多いと全員の診察が終わるまで業務が終わらないと言うこともあり得ます。

4  クリニックで働くメリット・デメリット

4-1 メリット

 クリニックで働くメリットは、日勤だけなど勤務時間が決まっているため家庭を持っている人でも働きやすいところでしょう。
また、夜勤がないので体力的に楽であるという点や、クリニックの診療日に合わせるので年末年始や夏休みなど長期休暇が比較的取りやすいということもあったりするので、
病院勤務のときより残業が減ったということもあります。クリニックでは欠かせない注射や点滴などの処置への対応を求められますが、
基本的なスキルが身についていれば、経験の無い診療科にもし就職したとしても強みになりとても重宝がられます。
働き出してすぐにしっかり戦力として見られる点はやりがいにもつながります。

4-2 デメリット

 病院とは違い少ない人数で多くの外来患者さんの対応をするクリニックでは、急に休むことがなかなかできません。
また多くはクリニックの休診日を固定休としているので、週休2日としているクリニックの場合は、それ以外の日にもう1日休みを取るようにします。
スタッフ間で調整が必要なことであるので連休が取れることはまれとのことです。
クリニックの掃除や物品の補充や管理、薬剤の発注なども看護師で行うことが多かったり、
医師への問合せの電話対応の中継ぎとして看護師で電話対応したりと、意外と看護業務以外の雑務に追われることが多いです。

今なら転職祝い金35万円、おすすめエージェント

★転職支援金が最大35万円が貰える
全国対応、高額案件も
業界最多の求人数、3万件以上